スポンサーリンク




イオンカードと楽天カードが「国民カード」であったとすれば、その他、日常生活で使用するカードを「節約カード」としましょう。

 

 

この節約のために使用するカード選びも慎重に行いたいものです。

 

 

自分の日常生活での出費状況、その内容をしっかりと捉えて、現金での使用を極力ゼロに近づけることが、金融の仕組みをしっかりと捉えて、利用する良い方法です。

 

 

様々なサイトを見ていると、どうしても還元率に目がいってしまうことが多いと思いますが、そこをグッと堪えて、自分の生活をまずは点検することから始めましょう

 

 

決まったコンビニでいつも買い物をする。JRを利用することが多い。

 

会社内の自動販売機でいつも買い物をすることが多い。など、自分がお金をどのように使っているのか、日常生活を見まして再確認しましょう。

 

 

その中での現金利用をカードに置き換えていくのです。

 

 

ですが、ここでも色々と選択する上での難題が生じることが多いと思います。

 

 

国民カード(イオンカードと楽天カード)の利用が決まったら次は節約カードです。

 

 

節約カードについても(国民カードについも)、カード申し込みについても金融の力でお得に申し込みましょう。
この件は、別途記事にしています。

 

 

自分で決められない人は、参考にてください。

スポンサーリンク