スポンサーリンク




さて、これまで大きく金融に関することや、カード選びで失敗しないためにという内容について、書いてきました。

 

 

今回の「カード節約術」は、これまでの内容を元に何が本当の節約術なのか?
カードを使った節約とは本来どうあるべきなのか?という点について、より深い認識を持って頂くためのものになっています。

 

 

クレジットカードを利用するということは、金融の仕組みを利用するということでした。

 

 

この金融の一つの側面、お金を利用してお金を増やすことが出来るという側面を利用して、カードを選ぶ。でも、それだけではない。

 

 

このカードの仕組みに踊らされないためにも、日常生活に合わせてカードを選ぶということが大切でした。

 

 

それでは、以上これらを元にしたカード節約術はどのようなものとなるでしょうか??

 

 

日常生活を見直した上で、いつも使用している現金の部分を、全てカード利用に置き換えることです。

 

 

これは当たり前のように聞こえるかもしれませんが、しっかりと自分の日常生活を思い返す必要があるので、意外と大変かもしれません。

 

 

カードの数は可能な限り少なく、だけれども、自分の日常生活を全て覆うだけのカードを用意することが必要となります。

 

 

カード利用に切り替えることにより、日常生活に金融の仕組みを組み込むことができます。

 

 

日常生活をきちんと整理した上で作られるカードは、全て節約カードと化します。

 

 

無駄なものは一切なく、金融の仕組みをただ利用するためだけのカードとなります。

 

 

金融の仕組みをきちんと利用することで、生活はかなり変わるはずです。

スポンサーリンク