スポンサーリンク




カードの利点とは?というところを、もう一度整理しましょう。

 

 

カードの利点は金融の仕組みを利用して、お金を元にマネー(実質的なお金)を生み出すことが出来る点にあります。

 

 

その「生み出すこと」を最大化するためには、何が必要でしょうか?

 
ここで、ポイント目当てでカードを今月はもうちょっと使っちゃおう!!

という話には当然なりません。

 

 

このサイトでは、あくまでも金融の仕組みを如何にして利用するのかということに焦点を当てており、この仕組みに利用されるようなことを推奨することは一切ありません。

 

 

それでは、カードの利点を最大化するためには、カード利用と支払い口座を同一グループ会社のものとすることにより、メリット享受するということになります。

 

 

例を挙げれば楽天銀行と、楽天カード、イオン銀行とイオンカードなど。

 

 

さらに、イオンの場合は株主となることで、買い物に対して保有株数に応じた返金率による返金もあり、非常に組み合わせが多く、またメリットも大きくなっていきます。

 

 

還元率だけに目を取られていたのでは、なかなか分からないのですが、金融の仕組みを組み合わせることで、メリットを大きくすることの出来るカード保有がベストです。

 

 

このような組み合わせ可能なカードの良いところは、日常生活と結びついた企業であり、また大企業であるため、安心感が大きいというところも大変重要な点になります。

 

 

日常の買い物については、こういった企業のカード利用が、総合的かつ客観的に考えても大きなメリットを得られるカードだと思います。

 

 

ここでは、金融の仕組みを組み合わせる!!ということを考えましたが、この金融の仕組みを組み合わせるという視点は、資産運用ということに実はつながるのです。

 

 

家には貯金がないし、資産運用なんて。。と思われるかもしれません。

 

 

しかし、今回見てきたカード利用にするというのも実は立派な資産運用なのです!!

スポンサーリンク